プログラミングを一から学ぶ一級建築士

日々の業務の合間に、プログラミングを学び、ときおりアートしてます。

432.仕事をする上での自分自身の誓い

毎日、建築やモノづくりに触れて行く中で、一番はいいものをいかに作れているかという側面と会社員としての会社側での都合や効率、成果という間に立たされます。

 

私は自分の思うがままに自由に、自分の意思を貫けるか、そこにかなりのウエイトを置く傾向にあります。

その点では会社員としての考えから大きく乖離している部分だと思います。

 

しかし、一応会社所属の建築士ではあるので、譲歩することの意識はゼロではないですが、この仕事を始めてから、ずっと守ってきているのは、自分にとっては出会うかなりの数のお客様であっても、相手からすると唯一の存在で、一生を過ごす家を任せた存在であり、棟数では見ることができないという事です。

 

この考えは、最初に担当した家づくりから始まり、今でも強く守っている誓いのようなものです。

 

実際実績として、棟数カウントとして会社から評価されても、私にとっては、そこには興味はなく、会社での立場や役職よりも、何をつくり、どういったモノづくりができているかだと思います。

 

なかなか難しいですが、一つ一つの仕事を丁寧に、後悔の無い仕事ができればと思いますね。

 

今日も夜活は欠かすことなく行きます!!

 

プロゲートから始まり、今日はUdemyを行います。

明日も早いので、ある程度キリのいいところで、寝ますが、体力の続く限り頑張ります!!