プログラミングを一から学ぶ一級建築士

日々の業務の合間に、プログラミングを学び、ときおりアートしてます。

424.目標を形作るために積み上げる毎日の勉強

今日は明日の打ち合わせラッシュの準備と着工前打ち合わせ、続く着工に向けての打ち合わせ準備など盛りだくさんの内容でした。

これは毎週の流れですね。

 

この合間の瞬間瞬間での仕上がりのこだわりと細かな微調整、どんな作りで合っても、整えて行くことで、違和感のない、美しい空間づくりができるようになります。

 

これはモノづくりにおいて、追究し続けることは本当に大切です。

 

熱意を持って、最後の最後まで詰め切ることのしぶとさ、泥臭さが本当に必要になります。

 

ここは根性と泥臭さが必ず必要になります。

このこだわりは常に持ち続けていこうと思います。

 

やはり完成した時の重ねた努力が重厚感と完成度が違います。

 

そして、仕事が終われば、目標に向かって

夜活です!!

 

先ずはいつも通りプロゲートを行って、今日は制作の続きです。

簡単にいたスケッチとフローを元に流れを大枠から詳細へと作成していきます。

 

ここは建築と同じです。

 

一つ一つのモーションや組み方、見せ方、技術は形作るツール、スキルとして積み上げてきました。

 

すべてのディテールは大きな枠をいかに具現化するかの際に必要な小さなコツコツ積み上げるスキルから形作られます。

 

何のために行うのか、何を使うのか、そこが本当に大切で、目標という軸があって、そこに肉付けしていく細かな内容があります。

 

デザインのディテールはプランが決まり、いかに魅せるか、使い勝手を考慮するか、その時、必要となって来ています。

 

私の勉強は大枠で全体の目標を意識しつつ、日々、スキルを積み上げることで、

時間はかかりますが、形にしたいものを作る試行錯誤の蓄積だと思っています。

 

狭い視野でなく、大きな目標を形にするために、日々努力を惜しみません。

 

引き続き、頑張ります!!