プログラミングを一から学ぶ一級建築士

日々の業務の合間に、プログラミングを学び、ときおりアートしてます。

329.将来に期待し、身を置く環境、ベンチマークを掲げるために

昨日は会議がそこそこあって、隙間を利用して、いくつかプランを完成させました。

まだ今週末提案予定の内容に半分なので、今日が勝負かなと思います。

 

ただ今日は月で一番会議が多い日なので、木曜日は出勤すると思います。

 

今日は夜から、私に設計を教えてくださった先輩、不動産と造成の会社に転職された元同僚、前職の他支店の支店長との食事会がありますので、今日は遅くまでは仕事ができません。

 

なので、今日も朝が勝負です。

 

少し普段の朝活よりもできる時間やボリュームは少なくなりますが、明日はしっかり、時間が取れるので、そこで頑張ろうと思います。

 

 

最近は何年か前から仕込んでいたいくつかの投資がどんどん含み益が出て、仕事以外の面でも好調ではあります。

 

私としては前々から2024年、2025年もしくは、2026年あたりで利確するか検討していましたので、そのあたりで来ると見込んでいた事業が花開くタイミングかなと思います。

 

基本的に新しい市場がワクワクして、その時代への期待感で当時は購入していました。

正直、利確していくことよりも、その時代の到来の方が楽しみでなりません。

本当に多くのことが変わっていくと思います。

 

私は今やっているプログラミングの勉強の最終到達点もそこに絡んでいけたら楽しいだろうなという感じで今はやっているので、建築以外の生涯の趣味となればと思っています。

 

老後も、人生を全うするまで、働きたいと思っていますし、その頃には建築では、成果を得るまでに、かなりの人員がかかわらなければならない為、一人もしくはパートナーでやれて、そのほかは委託という形が取れる、小数先鋭での運営ができる内容にシフトしていければとも思っています。

 

その時に今の期待して投資している事業の発展により、少ない人員で実現できることが劇的に増えると思っています。

 

母親の会社も基本、パートナーや会社、委託等、小数先鋭形式で、無駄な経費を抑える方針を取っていますので、販管費はかなり少なく、大きな利益を得られるようになっています。

デザインは基本的に無から有を生み出す事業が中心です。

 

デザインやコンサル、コーディネートなど、アイデアを商品としているビジネススタイルは、仕事をしてみて初めて、その仕事のやり方、営業力に対して、本当にすごいなと身をもって実感し、また尊敬しています。

いつも本当に勉強になります。

 

両親からは直接その部分については教えてもらったことはないですが、その背中を見てきたことで、今色々な事に考えが活かせてきているなと感謝しています。

 

そして、実家に行くと楽しそうに、新しい事業の話をしてくれる姿は私にとっても大きな励みになります。

これからも健康で、快活に頑張って欲しいなと思います。

 

以前、「自分の周りにいる人間の平均年収が自分の年収の基準になる」

セミナーなどで聞いたことがあります。

 

それはその人と関わることで仕事がもらえるとかではなく、意識のベンチマークとしての存在の大きさがあると思います。

その事業を成功させた経験のない人間と関わるのでは、マインドブロックの解除にかなり時間が掛かりますし、その常識の中でしか、考えることができなくなってしまうことにその言葉の意味があると思います。

 

私にとって、このベンチマークとなる人間がいるかどうかで、仕事の環境や仕事以外での付き合いを意識している部分があります。

最近特に、仕事、家庭、勉強と時間の制約があるため、余白時間での活動はかなり貴重な時間なので、無意識なのか意識的なのか、自然とそのベンチマークを基準として、行動して交流の輪を広げています。

 

愚痴や無駄な話も時には必要ですし、参加したりもしますが、それよりも大切な建設的で、前向きな話に心を躍らせている方がずっと楽しいですね。

 

 

今回の転職も声をかけてくださり、環境を変えたのも、ある程度社内でのベンチマークになる人物がいることが大きな決め手になったと思います。

 

ただ、大前提として損得勘定よりも、むしろ、ワクワクするかどうかで仕事環境を選んでいます。

 

今は才能あふれる方もいますし、楽しみは尽きないかなと今のところは思っています。

 

いい家づくりをする喜びとは別で、そんな意識で仕事をしています。

 

 

朝活は引き続き、プロゲートにて、PHPをさらっと行い、早めにUdemyの実践です。

そこまで時間を掛けられないので、ポイントを抑えつつ行きます。

昨日は仕事の途中にホームページを制作している社員さんがいたので、雑談しながら、少し、こうしてみたら?とアドバイスした時に、住宅を設計している人が何でこの内容を知ってるの?って顔をされたので、少し焦りましたが、普段のブログも具体的な内容を書かないのは、特定されてしまうのを気にしている部分があります。

 

それは余談として...。

 

今日も最高の一日になるように頑張ります!!

 

毎日の頑張りや粘り強さ、時間をかけていく忍耐力、自分への期待や確信を持って、

一本芯を通して行きたいと思います!!

 

ブレずにやりたいことに、全てを掛けて

 

後悔のない人生を楽しみたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

328.思考先行での行動、習慣

昨日は朝イチから遠方の店舗での打ち合わせがあり、いつもより早く3時半に起床し、高速道路を利用して、いつもの時間を確保できるように時間調整を行いました。

 

最近の朝活の習慣のおかげで、一日のスタートの時間がかなり早く始められるので、かなり時間の使い方が充実しています。

 

逆に、1時を超えての就寝は割と避けるようにしています。

どうしてもなってしまうこともありますが、その時も起床時間は4時代は維持して行きます。

 

一昨日は難しいプラン作成に時間をかなり掛け、予算と要望のバランスをいかに取るかに集中し、昨日はその打ち合わせにて、プレゼンと資金計画のお話をしました。

 

担当営業がまだ新人の為、肌感覚や経験値は限りなくゼロに近いので、基本的に、プレゼンは間取りのコンセプトだけでなく、資金計画、融資に関しても幅広く提案する必要があります。

 

所属の店舗に戻ってからの打ち合わせもありましたので、時間勝負となりましたが、目的となる部分には到達できたかなと思います。

 

私の父親はデザイナーの仕事をしています。

私と性格は似ている部分もありますが、思考の構築の仕方は全く真逆です。

根本的に、きつめの性格は同じですが、

 

私の場合は、会話にしても、行動にしても、どれに対しても「目的⇒プロセス⇒結果」に基づき、「結果(仮定)⇒目的⇒プロセス⇒結果(実際の内容)」の順繰り返し、プロセスの検証や向上、効率化を目的として行動する癖があります。

 

父親と表面上の会話などは、いいのですが、感情で突き進む父親と、先読みして、結果を予測して行動する私とはよく意見が合わなかったりします。

 

 

今振り返ると父親が仕事において感情や情熱先行で上手くいってきたのは、本当に元々の力や根性がそれを上回っているからこそかなと思います。

敵も多かったみたいですし、その性格に足を引っ張られていたこともあったかもしれません。

 

基本仕事や相手と話すときは、色々会話や行動についても配慮した上で行うのですが、父親の場合は、遠慮しませんので、よく怒られていました。

 

私は一緒に仕事をする際、同僚に対して、どこまで考えて行動しているかを試したり、知識、技術、経験値、人間力を確認したりをして、能力別に分けて考えてサポートの仕方や技術を盗む対象を考えています。

 

関わることでのメリットやリスクについても、考えて距離を決めている部分もあります。

 

そして、それをいかに感じさせることなく、純粋で真面目な人間であるかを演出できるかも考えて行動します。

 

私の性格が本来そうでありますが、一方でそうでないとも言えますし、嘘をついているわけでもなく、どれも本音ではありますし、ただ行動の根本にはこの思考プロセスを行っているというだけですね。

 

それに似た感覚を感じるのが、昨日打ち合わせに行った店舗に常駐しているエリアマネージャーです。

現場監督から一級建築士になり、設計を経て、営業で歴代のランキングに残る成績、実績を持たれている方です。

とても雰囲気が良く、明るい人ですが、会話の中で端々に緊張感と推し量る何かを感じます。

私としては、このタイプの人間で、能力の高い方人は得られるものが多く本当に大切な存在となると思いました。

 

やはり大きな会社には、人数が多い分、本当に自分の尊敬できる人を見つけることができることがメリットになります。

 

小さな会社では、ベンチマークになる人がいなくなった瞬間、所属している意味がなくなってしまいます。

だからこそ、前職はそこそこの規模でしたが、ベンチマークになる人がいなくなってしまった為、今の会社に転職したのもあります。

 

引き続き、エリアマネージャーとは親交を深めて行こうと思います。

 

全ての行動物事には結果が伴いますが、いかにその結果を検証、行動していくことで、コミュニケーション能力も向上していくと思います。

全ては先読みの意識、結果の意識、目的の意識、全ての生活において習慣的に意識するようになることが大切かなとも思います。

 

 

朝活はプロゲートのPHPから始まり、メインはUdemyでの勉強、実践になります。

 

 

今週は特に忙しい週になります。

 

前々からの食事会の予定も3月5日の晩にあるのと、実務ボリュームがかなりタイトになるので、早め早めの行動が必要になると覚悟しています。

 

今日も先手必勝で走り抜けます!!

 

今日も最高の一日になるように頑張ります!!

 

最高の一日の蓄積が最高の人生を形づくります!!

 

頑張ります!!

 

 

 

 

327.マイナスの事もプラスに変えるきっかけ

昨日は中々に難しいプランに苦戦しながら、今日の打ち合わせ準備を行いました。

限られた予算の中で最大限の提案をすることは、かなりの思考を要します。

 

幾つかの可能性を消去法で最善のバランスを見つけながら、ただ面積を抑えるのでなく、空間の充実、暮らし方の提案も盛り込みながら、ご要望の解釈と分解、再構築、提案という事を考えます。

 

ある程度、敷地条件、法規、配置計画という制限の枠の中と、間取りの動線計画と配置、プライベート空間と皆が集まる空間、デザインなど、多岐にわたる内容をシンプルに整理して複数のパターンをシミュレーションします。

 

半日かかりましたが、無事完成し、今日は遠方の店舗での打ち合わせのためと朝活のために3時のアラームを掛けて、高速を走り、早めにやるべき勉強を行い、今に至ります。

 

話は変わりますが、

 

昇進や昇給などの人事をポジティブな人事だとしたら、ネガティブな人事もあります。

降格、減給、転勤、部署替え、解雇等、あまり頻繁にはないですが、それを目にすると色々思うことがあります。

 

私は、以前、

結構前になりますが、営業もして設計もしてという一人二役の会社に少しの期間だけいたことがあります。

設計としてもまだまだ未熟であったですし、営業としては、ほとんど素人のようなものでした。

転職するときは必ず試用期間が設けられます。

大体、3か月のところが多いと思います。その期間の成果によって、正規の雇用になるというものです。

 

私はその会社では、営業や追客などや設計の知識もまだ、ままならない時に入ったこと、営業の流れも分からないままだったこともあり、当然契約も取れないままでした。

 

結構配慮して試用期間6か月という延長を経て、試用期間が終了し、不採用となった経験があります。

 

当時は初めての経験だった為、かなりショックでした。

 

私は元々、自分に対してのプライドは持たないタイプで、成果こそが全てであった為、受け入れることに関しては、客観的に見てはいましたが、人生で唯一の不採用を経験し、営業の難しさ、建築の知識の欠如をその当時、痛いほど思い知らされました。

 

今では営業マンに対する契約後の意識は、その経験をした後では全く違うものとなりましたし、スキルや能力の向上、成果に対してのシビアな考え等、かなり成長させられました。

 

最近の引き抜きの際、どこから情報が漏れたか分かりませんが、退職の情報を聞いた、その会社からも、戻ってきて欲しいというお誘いがありました。

 

当然、断りましたが、その時の、辛い経験や現実を知ることで、今があると思います。

本当に当時の判断をしてくださったことは感謝をしています。

今となって伝える側の辛さも分かります。

 

物事や判断にもどうしても、ネガティブな側面が必要な時があります。

 

一見、終わりのような気持ちになるかもしれませんが、それも含めて、自分を成長させるきっかけになると思っています。

 

ネガティブな判断を受けて、腐ってしまうのか、それも栄養に成長する起爆剤にするのかは本人次第だとは思います。

 

昨日は、今の会社で、一人設計がその判断で別の部署に異動との話をされたみたいで、私に相談してくださったのですが、結果、その判断は会社として難しい決断ではあったと思いますが、その判断を下した上長の話も納得できるものではありました。

 

経営や組織の関係で、必要な時もあります。

 

その方も腐らず、この経験を生かして、自分自身を奮い立たし、前に進むきっかけになればと思います。

 

辛い経験があるからこそ、人にやさしくできると思いますし、広い視野を持つこともできます。

 

私も当時、かなり、ショックでしたので、自分の能力を疑った瞬間もありました。

 

まだ社会人経験も少なかったですし、新卒の面接でも、苦労したことがなかったので、いい薬になったと思っています。

 

いつかその方も、今回の人事を振り返った時、この判断のおかげで今の自分があると言えるように頑張って欲しいなと思います。

 

マイナスをプラスに変えて欲しいと思います。

 

 

今日の朝活は、引き続きプロゲートにて、PHPを行い、基本は、Udemyでの勉強、実践、試すの内容です。

正直、この試すことがとても面白いです。

うまく動作するとその内容に関する、その他の応用編など調べていじったりしています。

いい流れまで来ると後は自然と何事も付いてきますね。

 

毎日、全力で大変なこともありますが、かえって、その方が近道であったり、その後の行動が楽に行えるようになったりします。

 

 

今日も最高の一日になるように頑張ります!!

 

マイナスの要素もプラスに転換する燃料です!!

 

過去を振り返った時、その時の経験が今の自分を光らせてくれているように

今を全力、全身全霊で後悔の無い最高の人生を歩めたらと思います!!

 

失敗は成功の母です!!

 

人生、挫折しても、それも経験です!!

 

そこからいかに這い上がったかが大切で、這い上がる壁が高ければ高いほど、その成長も大きくなると思っています!!

 

ポジティブに行きましょう!!

326.家訓「好きなことをして生きていく」

昨日は着工への最終段階に入るための下準備と図面作業、各種依頼作業を行いました。

途中、外構打ち合わせ、上長の面談等を行い、18時には退社。

 

その流れで、私の実家で久しぶりに両親、息子と妻でご飯を食べました。

 

実家では基本、父親と母親とは仕事の話になります。

 

母親は今やっているデザインの仕事、父親はおすすめのデザインの話等、本当に仕事が好きなんだなと思います。

 

私の中では、仕事は辛くて大変、特にやりたくないけど、お金のためにやっているという考えが全くないので、趣味を毎日している感覚です。

 

両親も好きな事をしたいからやっているという姿を私は物心ついた時から見ているので、当たり前に子供の頃の夢が将来の仕事としか、思っていません。

 

母親は昔大手の家電メーカーのデザイナーでした。

主にキッチン周りの商品のデザインが好きでやっていました。

 

料理に関してのいいデザインができるようにと、調理師免許上級というものを取得したり、今の私の様にスキルを高めることに全てを掛けてきました。

 

大きな会社は他の部署などを経験して、やりたい部署に落ち着く場合もあるなど、

望んだ料理に関しての家電ではなく、別のジャンルの住宅家電の部署に異動の辞令が出ました。

そこに時間を掛けるよりも、やりたいデザインをするために、会社を退職し、デザイン事務所に就職し、その後独立し会社を設立して今に至ります。

 

要は、自分にとって何が目的で、その目的に向かって必要な栄養や経験を得るために今何をするのか。

 

会社の中では自由に行かなければ、新しい手段を模索することで、やるべきこと、やりたいことを形にする、これが私たちの主義であり、

やりたくない仕事はやらないという「わがまま」を形にするためには、どういった努力や手段が必要になるのか、

これを無我夢中に突き進むことこそ「好きなことをして生きていく」という考えの根幹であると思います。

 

父親はその大手の家電メーカーに残り、デザイナーとしての道をその会社で全うして、退職後、フリーデザイナーとして活動しています。

父親に関しては、幸い好きなデザインに携わることができましたし、ある程度の采配ができるかなり上層まで行きましたので、終始貫き通したのかなと思います。

 

二人とも基本的には同じく、「好きなことをして生きていく」を文字通り実行して来た人間であります。

 

私はその二人の姿を見て育ったので、「わがまま」を形にするにはどうすればいいのかを常に意識して行動して来ました。

 

そういった私の両親と私を見て育った息子も、その考えを当たり前の様にやっています。

やりたいことをするためには、どうやったらいいか、話し出すと止まらないくらい好きな事に没頭しています。

また、その実現のための手段が勉強であり、周りがやっているから、なんとなくやるのではなく、必要だからやるに変わると思います。

その意識に早く到達できるように、導いてあげることが私の目的の一つでもあります。

 

「好きな事」を仕事にする以外、選択肢はありません。

それは、私の家族や親族の家訓のようなことかもしれないですね。

掛け軸に「好きな事をして生きていく!!」と書いてもいいかもしれません。

 

これから、息子がどういった人生を歩んで行くのか、楽しみです。

 

朝活は引き続きプロゲートのPHPを行い、Udemyでの学習、実践、制作中の内容の肉付けや動作実験などを行って行きます。

今日も最高の一日になるように頑張ります!!

 

好きなことを毎日できるのは本当にありがたいことです。

 

そして、後悔の残らない様に、やりたいことをやりたいようにやることで、

そこへ向かってたゆまぬ努力やチャレンジを惜しまず頑張ります。

 

それこそが、私にとっての最高の一日、最高の人生になると思います!!

 

 

 

 

 

 

 

325.意識を変える事での毎日の生活の学びの習慣

昨日は打ち合わせの為休日勤務となりました。

どうしてもお客様が私と休みが被ってしまうこともあります。

着工ありきなので、そこは仕方がないかなと思います。

次の休みは水曜、木曜日と休みが取れそうなので、一日、充実した時間が取れそうです。

 

帰宅した時に、息子は不満そうでした。

それは昨日、ドッジボールに参加できなかったこと、しかし、一昨日は右中指を捻挫したところなので、私から、外遊びは来週の診断まで控えることを言っていたので、泣く泣く、諦めたとのことです。

 

しっかり、自分で選択して、嫌々ながら実行したみたいですね。

 

基本私は、息子にアドバイスとして「こうしたらいいよ」の後に、「あとは自分で考えて決めなさい」と言います。

 

「これをやりなさい」ではなく、今こうだから、最善はこれだよという形で、最後は本人に決めさせます。

 

昨日は不満いっぱいの息子に、「怪我をしていても、やりたいと思ったらやればいい、もし、何かあったら自己責任で自分で最後は責任を果たせばいいよ」と伝えました。

 

ここで色々、小さなことですが、考えて欲しいと思います。

 

基本的に、何かをしたいと思った時、結果が伴います。

そして、実現したいと思った時にも、手段の確保や条件があります。

願望はあるとして、どうやったら実現できるかを考えて全ての事を原因と結果で判断していくことが大切です。

 

息子には、行動に伴うリスクと行動するための条件、最後は自己責任で選び、結果を受け入れることを学んで欲しいと思いました。

 

何でも親が決めてしまっては、考えない受動的な大人になってしまいますので、アドバイスはしますが、最後は自分で決断すればいいと思っています。

 

小学校2年生に今年の4月に入ったら、2つのことを自立させます。

 

一つは、お風呂は一人で入る事、

もう一つは一人で基本寝ることです。

 

少し、早いかもしれないですが、息子には、色々なことで早い段階で失敗やどうやったらうまくいくかを経験してもらいたいと思います。

 

今まではお風呂では普段ちゃんと洗えているか、石鹸を流せているか、しっかり温まっているかを見てあげていますが、これからは自己責任です。

 

洗えていないと不潔になりますし、石鹸を流せていないと、肌が荒れます。

しっかり温まっていないと体調を崩すかもしれません

睡眠も自分で寝る時間を決めて、寝る間での時間の配分を行います。

宿題に掛かる時間、夕食、お風呂、など、帰宅してからの持ち時間についてのアドバイスはしようと思います。

 

時間は有限であり、皆限られた時間の中で、配分をしていく必要があります。

 

そこで、持ち時間の管理を失敗しながら学んでもらえればと思っています。

 

おそらく、大きくなってくると欲しいものがもっと増えて来ると思います。

 

その時には、どうやったら、買うことができるかを教えていこうと思います。

どうやってお金を捻出していくか、貯金なのか、自分でお金を稼ぐのか、手段を模索して、早い段階でとにかく多くの失敗を経験して欲しいと思います。

 

お金を数えて、どうやったら貯められるのか、どうやったらお金を増やせるのかを考えると、自己管理や計算を実務的に行う様になります。

そして学校の勉強は手段を学ぶ場にもなると思います。

 

仕事でも同じです。与えられた仕事をただ機械的にやるのか、その仕事からノウハウを抽出し、試行錯誤することで、本質を理解し、使えるようになるかです。

 

そして、年齢や時間こそが、平等に与えられた財産の一つであります。

24時間365日、配布された時間をいかに使うか、何をやりたいのか、何が欲しいのか、考え、行動していくことで積みあがる経験値はかなりのものになります。

 

息子には、普段の暮らしの中で、簡単な事から、そういった意識を常に持つことで、自主性や実現力、実行力、思考力を鍛えてもらえたらと思います。

 

私の両親は教え方が不器用でしたが、逆に何も指示をしないことで、自由にしてくれたことはありました。テストの点数が何点でも特に、指摘などもありませんでした。

 

私は、明確に、息子には自立と自ら生み出す精神を鍛えてもらえたらと思っています。

 

最近では船の模型が欲しいと言われましたが、買わないでいると、自分で船の模型を作り始めました。

どんどん工夫して、細かなところまで作って行くようになりましたし、何もないところから生み出す喜びを感じていると思います。

 

毎日、帰ると作ったものを見せてくれます。

たまに、私も建築模型の制作をしていたので、模型制作のノウハウを教えたりしています。

 

こうやって、ただ与えられるのではなく、自分で選択して、生み出し、失敗して、試行錯誤していく習慣が身に付けばいいと思います。

 

何より、全ての行動は自分で選び、自分で責任を果たすことを習慣化してもらえたらと思っています。

 

そうやって物事にチャレンジしていくことで、物事の本質が見えるようになると思います。

やらされる算数かスキルとしての道具としての算数かの意識の違いです。

 

 

今日の朝活は引き続きプロゲートのPHPを行い、Udemyで勉強して、実践です。

毎日これをやってきているので、朝4時に起きるのが当たり前になってきました。

それに伴い、以前の時間のスタートより早く始めることで、一日の時間の感覚が大幅に拡大しましたし、業務の効率も上がりました。

 

とにかく、習慣化させて、実行していくことで、生活が大きく変わることを実感しました。6時半になると焦る感じですね。

 

これからも、継続して、時間感覚や意識、時間の使い方を更に磨いて行こうと思います。

 

今日も最高の一日になるように頑張ります!!

 

全力で毎日習慣化するとベースの基礎体力や考え方がどんどんレベルアップしていきます。

 

そして最高の毎日の蓄積が最高の人生を作ると思います!!

 

いつか良くなる日を期待するのではなく、自らを変えて取りに行くことが大切だと思います!!

 

324.バタバタの休み、隙間を狙った勉強

昨日は本日の休みが打ち合わせになってしまった為、午前中、全力疾走でプログラミングの勉強、実践などを行って行きました。

 

11時半が過ぎた頃、息子の小学校から一本の電話が来ました。

息子がブランコで遊んでいる時に、鎖の穴に指を詰めて、次の授業中手が腫れてきたという事でした。

 

とりあえず、学校に迎えに行きましたが、その際に教頭先生や担任の先生から丁寧な対応と謝罪がありました。

そこまでやらなくても、という感じで色々と話をしました。

 

学校はここまで大袈裟で接客に力を入れていたかなと自分の当時を振り返りましたが、小さなことでも親がうるさいからこうなってしまっているのかなと思ってしまいました。

 

私は少々の怪我くらい、何かに挑戦したり、ワイワイしている中で出来るものだと思っています。

 

 

病院では、捻挫という事で指を湿布して、薬指をあて木として捻挫の中指を固定して完了です。

こうやって怪我をしながら、強くなって行くものです。

 

部活などしたら、当然もっと痛めるでしょうし、どんどん恐れず挑戦して欲しいと思います。

 

病院ではレントゲンを撮ったのですが、子供の骨は成長過程の為、骨端線というものがあると先生は教えてくれました。

息子と二人で授業を受けてる感じで色々、質問したり、大変勉強になりました。

色々面白いですね。

私は骨折したことがないので、この病院でのやりとりは新鮮でした。

 

というバタバタの午前中を終え、15時の買い物や習い事の準備、などのリミットまで、プログラミングの勉強に充てて行きました。

夕方17時以降~21時までが、夕食、風呂(息子と)、家族の時間と時間はしっかり取るので、実際には21時からが、時間の補填として勉強や読書を行いました。

 

この時間帯は2階のセカンドリビングの書斎が集中できますね。

 

逆に1階のリビング横の書斎や奥行きのあるキッチン天板(ハイチェアでバーカウンターになっています)での作業は日中が向いていると思います。

1階は夜は団らんモードになっているので、締まらないんですよね。

 

そして朝活はプロゲートのPHPを行い、基本はUdemyの勉強、実践の反復です。

今日は打ち合わせがあるため、休日勤務となります。

午後からなので、自宅で朝活して、出発の予定です。

 

今日も最高の一日になるように頑張ります!!

 

最高の一日の蓄積が、最高の人生を作ります。

 

 

 

 

 

323.マイナス要素もプラス要素に変える

昨日は着工最終段階の図面や資料の整理を行いました。

 

この段階は、前職のやり方では、自分で完結できる部分が多かったので、間違いのチェックは描き漏れなどでしたが、今回は間違い探しでした。

 

最終図面制作は委託の設計事務所が仕上げを行います。

 

デザインや間取りは私たちがやりますが、事務的な図面作業はお任せしています。

 

直す内容は単純ミスでの間違いもあれば、意図が上手く伝わらず、書き間違えをしている部分がありました。

 

1点気づいたのは、最終の委託での図面制作にて、意図が上手く伝わりにくい部分については、図面として、現場にも分かりにくい部分という事です。

 

つまり、最終段階で、作成された図面について、意図が取り違えられるものをチェックすることで、現場に意図が伝わりにくい部分を抽出して、表記の修正、補足資料を別途付ける事や、部分的な詳細を描くことで、円滑に現場がより進むだけでなく、自分の改善にもつながると思います。

 

設計事務所のミスについて、着工までの最終確認の段階でこの直しは手間だとか、間違えてないか怖いとも思ったりしましたが、逆に、チェックをすることでの学びに着目することで、プラスの思考に転換できました。

 

同じ作業をするにしても、イライラするのか、楽しくするのか。

同じなら、楽しく、ポジティブに行きたいものです。

 

 

今日は休みなので、一日プログラミングに充てようと思います。

 

そして、朝活はプロゲートにてPHPを行い、Udemyの勉強、実践は変わらず行きます。

休みは制作を触ることが多く、色々、実験したり、動きを試したりしています。

基本VSCで行っているので、制作も勉強も同じところで作業しています。

今日は家での時間なので、移動時間ゼロ、楽しみます。

 

今日も最高の一日になるように頑張ります!!

 

最高の人生は最高も毎日の蓄積で出来ます。

 

楽しんで何事もチャレンジすれば疲れも感じにくくなります。

 

たとえ4時起床、1時就寝だとしても、まったく苦にはなりません。

 

人生を楽しみましょう!!